テレビ・ラジオの放送運行データ作成~送出監視業務まで

テレビ・ラジオの放送データを作成

スタンバイ課

RKKは、テレビとラジオのそれぞれの放送設備を持ち皆様へお届けしています。毎日の放送は自動化されており、人の手ができるだけ排除された形で運行されていますが、放送の自動化を行う為の事前スタンバイとして、放送運行データを作成しています。

テレビ・ラジオ、それぞれ各担当に分かれて作業を行います。民間放送局は大きな特徴として、番組とコマーシャル(CM)で構成されています。その為、番組とCMのそれぞれで内容が異なり、多岐にわたり作業を分担する必要があります。イメージとしては、その分担された作業の一つ一つを束ねて大きな一つの形としたものが放送運行データです。

また、その他の作業内容としてテレビではプレビュー作業(放送機器に収録された内容のチェック)ラジオではファイリング作業(放送を行う機器への収録)なども行っています。皆様が視聴して下さっているRKKのすべての放送において、お届けする内容の最終準備を行っています。

主調整室(テレビマスター/ラジオマスター)

主調整室

主調整室(マスターコントロールルーム)は、放送局に設けられる設備のひとつで放送局の心臓部と言える場所です。24時間365日、RKKテレビ・ラジオの番組やCMを放送スケジュールに従って安定した放送が出来るよう、送出監視業務を行っています。

主調整室の主な業務

  • RKKテレビ・ラジオの、番組やCMを予定通りの時間に間違いなく送出し、安定した放送を維持。
  • ニュース速報・地震速報・気象情報等は、迅速かつ正確に送出。
  • 激甚災害発生時等、通常番組から特別番組へ変更になる場合、リアルタイムに放送データの変更を行い安定した放送を維持。